評価をより簡単にする方法

From:大槻香奈

事務所より、、、

 

 

まず認知症の原因を明確にするためにも

その後の変化を見るためにも

評価は欠かせません!

 

 

評価と言えば、検査、問診、観察

検査は問診はだいたいが決まった内容になっているので

なんとなくイメージはできるかと思いますが

観察ってどうすればいいのか?

ピンとこないかもしません。

 

 

観察とは、物事の状態や変化を客観的に注意深く見ること。

 

 

具体的には本人の顔色や表情、姿勢、動作、発言が観察からわかる評価となります。

 

 

ただ、この観察、毎日見てたりすると、変化に気づけなかったりするんです。

 

なので今回はその変化を客観的に見やすくする方法をお伝えします。

 

ストレスを減らす一番の方法

From:佐々木 祐也

 

ここ最近、、

 

✅入院している患者さんに…

✅グループホーム入所中の利用者さんに…

✅一緒に住むお母さんに…

 

イライラしません😅?笑

 

 

実際、イライラしてしまうんですよ〜

 

接する側も人間ですからね、

そこは仕方がないんですけど、

 

できるならイライラしにくい状態に

自分を持っていきたいもんですね🙋‍♀️

 

 

この話題は、ホントによく上がってくるんです!

 

僕自身も体験があるんですけど、

その中で、結局これが一番良い方法かな〜と思ってます😊

 

P.S.

もし、あなたも認知症について、

もっと学んでみたいと思ったなら、

これ、今なら100円で

手に入ります😊

詳細はこちら

この時季の冷たい水を嫌がっても飲めちゃうテクニック

From:四十内 健太

 

富山の治療院より。

 

今日は、冷たいお水を飲めるテクニックをお伝えします!

 

普段飲むお水は、勿論常温が良いんですが、

この寒い時季に、朝イチから

 

常温のお水を飲むのはちょっと難しい…

 

でも認知症患者さんには飲ませないと…

 

冷たいから飲みにくい…

 

そんな方にはこの不思議な

テクニックを使ってみてください♪

 

1秒でできます!

 

P.S.

ちょっとした工夫で

認知症も変化が起こるものです。

 

じゃあ、あなたが認知症のことを

たくさん知っていたら…?

 

改善の工夫もたくさんできそうですよね😊

そうなりたいなら、コチラへ

同じ質問を3ヶ月続けた結果

From:大槻香奈

自宅より、、、

 

 

少し前から、お隣さんからピアノが聴こえるようになりました。

朝と夕方に10分ほどではありますが、毎日欠かさず練習しています。

 

最初はうるさいなーと思ってたのですが

(うちは賃貸なので楽器の演奏禁止😅)

だんだんといつも詰まるところがスムーズに弾けるようになってきたり

早く弾けるようになってくるのがわかるので

 

これだけちゃんと毎日練習してたら上手くなるんだなと思いながら聴いています。

 

 

 

”継続は力なり”と聞きすぎて「そりゃそうだよね」ってなりがちですが

本当に続けるのは大変です。

 

改善も続けると必ず変化が出てきます。

 

 

今回の動画は私が担当している方の話です。

 

 

卓上療法をやるならこう考える!

From:佐々木 祐也

 

今回は、すでに養成講座を受けてくれているあなたへって感じになりそうですけど。

 

もしあなたが、卓上療法を使ってアプローチを考えているなら、

こんな考え方をしているといいですよって話。

 

先日、養成講座で卓上療法のセッションをお話しさせてもらいまして。

けっこう反応がよかったのが、

同じ問題でも、やり方工夫一つ違うとアプローチできる脳の場所が変わってくるってところ。

 

いや〜そうなんですよ。

卓上療法の話をする時、毎回ここが面白いなあと思ってるんですね。

 

それとプラスで、どういう目的を持ってそれをやるのか、

どの脳を刺激したいのかをちゃんと想像してやれているかで

かなり変わってくるんですね。

 

だから、同じようなことをしていても、

そのイメージや気持ちがあるかないかは重要なんですね〜

 

今回は、その一例をちょっと紹介しましょ

 

P.S.

卓上療法以外にも

アプローチって色々!

 

勉強しないと脳は活性しないかというと

そういうわけではありません。

 

例えば、、、「遊び」で😊

詳細はこちら

目に見えない体からの水分の排出

From:四十内 健太

 

富山の公園より。

 

あなたは1日に人間から排出される水分量はご存知ですか?

 

 

年齢や性別、その人の置かれた環境にもよりますが、

汗や尿だけでも、およそ2〜2.5ℓの排出が行われています。

 

これはあくまで、目に見える水の排出です。

 

 

ではそれ以外にも、身体からは目に見えない

水分の排出をされているのをご存知ですか?

 

その量なんと、1日に〇〇〇ml です!

 

P.S.

知らないことって世の中にたくさんある。

それを知るのが面白い、

認知症のことをもっと勉強したい!

 

もしあなたがそう思うなら、、

 

これ、もらってくれません(^^)?

詳細はこちら

【論文】神経質な人が認知症になったら

from:高松 英嗣

今回のお話は病前性格と周辺症状について

論文を元に現代の医学では解消されない改善・予防法を話しています。

 

【論文】

野末 波輝 薬袋 淳子 成 順月(2020)

男女別にみた認知症高齢者の病前性格とBPSDの関連

認知症ケア研究誌 4:1-11

 

この論文は

病前性格と認知症状について統計をとり、原因について考察しています。

 

結果として、、、

神経症傾向の人は、男女共に易刺激性を起こしやすい。

勤勉性傾向の人は、脱抑制を起こしやすい。

ことがわかりました。

 

この論文の結論として、、、

性格を考慮し、予測される症状に対して予防が必要。

となっています。

 

認知症で苦しむ人を”0”にする

 

我々のミッションを達成するには「従来の認知症=脳」という考え方を捨て、認知症になる起因から理解し、解消する方法が必要です。

 

そのためには「脳・内臓・筋・心」の問題点を解決するという考え方や行動が必須です。

 

我々はこのことだけを考え認知症の人とその家族と向き合っています。

 

最近ではアメリカの研究で「心(性格)」について言われ始めており、日本でもこのような論文が出ることを本当に嬉しく思います!!!

 

なので、この貴重な論文の結論である

 

性格を考慮し、予測される症状に対して予防が必要。

 

ということへの具体的な予防・改善法をお話ししています。

↓ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=ZdX9tW2Axe4

動作が遅いのを改善する方法

From:大槻香奈

事務所より、、、

 

なぜ、認知症の人はこんなにも動作が遅いのか?

疑問に感じたことはないですか?

 

 

実際、施術のときも

上着1枚来たり脱いだりするにも時間がかかって

家族さんの手とか口が出てくるパターン…

 

こっちはそういうもんだと思ってますし、

自分でやるのも訓練だと思ってますから

黙って待てるんですけど、

普段からこうだとそりゃイライラするよな〜と感じます。

 

 

もし、この動作が遅いのがちょっとでも改善できれば

家族さんや介助する人のイライラは減るんじゃないかと思うんですね。

 

 

 

なので今回は動作が遅いのを改善する方法をお伝えします。

ぜひ試してみてください。

 

広島のばーちゃんがちょっと…

From:佐々木 祐也

 

もうだいぶ正月気分も抜けてきたんじゃないでしょうかね〜

すでに仕事始めをしている方も多いとは思います😊

 

僕もしばらく治療院はお休みさせてもらって

大阪、広島と実家を巡っては

 

コロナでしばらく帰れなかった分、

 

それぞれの墓参りやら、

妹の旦那さんと初めて挨拶したり

両親やら昔の友達と会って

色々と喋ったりしてきましたね😁

 

で、父方母方の祖母にも久々に会ってきたんですけど、

それぞれ変化が大きくて、、、

 

まず、母方の(大阪にいる)ばーちゃんはかなり太ってた😅

でもまあ前より元気そうではあって、

症状的にもそんなに心配してはないんですよね〜笑

 

でも、父方の(広島にいる)ばーちゃん。

こっちはちょっと気になりまして。

 

もうすぐ86歳で今まで何でもやってたような

比較的元気だろうと思ってたんですけど、

 

このコロナで家に篭もりがちになってたようで、

ちょっと、ね。

 

まあ、聞いてやってください😁💦

 

P.S.

家族の認知症って

色々と考えることも

複雑になってしまいますね😅

 

でも、せめて理論的にも

何かできること、知識があれば

家族も少し安心できるはず、、

 

もし、あなたもそう思うなら、

これを今すぐチェックして

家族としてできる知識をつけていきましょう✨

詳細をすぐ確認

こんな遊びをすると、認知症改善に繋がる!

From:四十内 健太

 

富山の治療院より。

 

今日は、遊んで認知症を改善する方法をお伝えします!

 

ちなみに遊びだったら何でもいい…
というわけではありません。

 

しっかりと「このような遊びをする」という意識が大切です!

ちなみに雪国の方は、この遊びがオススメですよ!

 

P.S.

あなた自身が認知症を改善させたい。

「脳・内臓・筋・心」に特化した

アプローチがしたい!

 

と、思うなら…これがオススメです。

 

今なら、こんなプレゼントも

もらえます(^^)

詳細はこちら

 

 

1 2 3 4 5 6 52